えびす講

二十四節気では「寒露」の頃──、
秋晴れの日が多くなり、菊や秋桜が見頃を迎えます。

寒露とは、冷気によって露が冷たく感じられる頃のこと。
野草に宿る冷たい露そのものを表す言葉でもあります。

旧暦十月二十日は、えびす様を祀り、
商売繁盛や五穀豊穣を願う「えびす講」。
「えびす祭り」や「えべっさん」などとも呼ばれ、
各地でさまざまな祭事が行われます。

七福神の一神であるえびす様。
現在は商売の神様として知られていますが、
漁村では豊漁の神様、農村では豊穣の神様として広く信仰されてきました。
旧暦十月は年に一度、八百万の神々が出雲に集う神無月。
えびす様は、他の神様が不在になるこの期間、
留守を預かって家を守る留守神様でもあります。
そこでえびす様を労い、感謝を捧げるために行われた祭りが、
えびす講の起源になったと言われています。

えびす講の日程は地域によってさまざまで、
関東では十月二十日の「二十日戎(はつかえびす)」が一般的ですが、
関西では正月十日に行われることから「十日戎」と呼ばれ、
正月の風物詩として親しまれています。
えびす講の日には、えびす様を祀った神社に参拝し、
神棚には尾頭付きの鯛や葉付き大根、御神酒を供えます。
また、大判小判や鯛などの飾りを付けた「熊手」や「福笹」を売る市が立ち、
人びとで賑わうのも見どころのひとつ。
熊手は福や運をかき集める縁起物として、
福笹は青々とした葉を絶やさず、まっすぐに成長する笹の姿にかけて、
家運隆盛や商売繁盛を祈願して飾る風習があります。

秋の豊かな恵みに満ちる時季。
日頃の感謝を込めて祝い、大きな福を呼び込めますよう。