七夕

二十四節気では「小暑」の頃──、
水辺の蓮が花開き、蝉の声が聞こえ始めます。

小暑とは、暑さが次第に強まる時季のこと。
この日から八月初旬に訪れる立秋までが「暑中」にあたり、
この期間に暑中見舞いを送るしきたりがあります。

七月七日は、七夕(しちせき)の節句。
願いごとを書いた五色の短冊を笹竹に吊るし、
星に祈りを捧げることから
「星祭り」とも呼ばれています。

七夕は、古代中国に伝わる
織女(しょくじょ)と牽牛(けんぎゅう)の星合伝説や、
織女にあやかって技芸の上達を願う「乞巧奠(きこうでん)」に、
日本古来の「棚機(たなばた)」という盆迎えの行事が組み合わさったもの。
棚機は、七月六日の夕方から七日にかけて行われ、
棚機津女(たなばたつめ)と呼ばれる若い女性が、
水辺の機屋(はたや)に籠もって衣を織り、
神に供えることで秋の豊作祈願や厄祓いをしたそうです。
このとき使われたのが棚機(たなばた)という織り機であったことから、
七夕を「たなばた」と当て字で読むようになったのだとか。

願いを込めて笹竹に吊るす、五色の短冊や七夕飾り。
古くは乞巧奠の儀式において、機織や裁縫の上達を祈願して
「五色の糸」を祭壇に供えたことに由来します。
五色とは、陰陽五行における木・火・土・金・水の五つの要素に基づき、
それぞれを緑、赤、黄、白、黒(紫)で表したもの。
正色(せいじき)とも呼ばれ、
正月をはじめ折々の伝統行事において飾り物をする際、
お清めのしるしとして用いられています。
後に五色の糸は、笹竹にかけて吹き流す七夕飾りへと変わり、
「願いの糸」とも呼ばれるようになりました。

天の川を見上げて、一夜限りの星の逢瀬に祈りを捧げ、
願いを託す美しき夕べを。