端午の節句

二十四節気では「立夏」の頃──、
若葉を揺らす風に、夏の気配が漂い始めます。

立夏とは、四季の始まりとなる“四立(しりゅう)”のひとつ。
この日から八月初頭に訪れる「立秋」までが、
暦の上での夏となります。

五月五日は、端午の節句。
天高く鯉のぼりをあげ、柏餅や粽を食して、
男の子の健やかなる成長を祈ります。

端午とは、“月の端(はじめ)の午(うま)の日”のこと。
元々は、午の月にあたる旧暦五月の最初の午の日に行われていましたが、
午(ご)は五の音に通じるため、
やがて五の字が重なる五月五日を指すようになりました。

古代中国において、五月は災厄の多い月とされ、
野に出て菖蒲や蓬などの薬草を摘み、厄祓いをする風習がありました。
日本では田植えを控える大切な時季にあたり、
田植えを行う早乙女が身を清めて豊作を祈願する
「五月忌み(さつきいみ)」という農耕儀礼が行われていたそうです。
これが中国より伝わった風習と結びつき、
端午の節句が行われるようになったと言われています。

古来より薬草として用いられ、
その強い香りで邪気を祓うとされてきた菖蒲。
端午の節句では、菖蒲の根を酒に漬け込む「菖蒲酒」や、
菖蒲を湯船に浮かべる「菖蒲湯」のほか、
男の子たちが菖蒲の葉を編んだ縄を地面に打ちつけて
その音の大きさを競う遊び「菖蒲打ち」など、
無病息災を願うさまざまな慣わしで親しまれてきました。

青々とした新緑が目を潤すこの時季、
菖蒲の香りで心身をほどき、清らかなる端午の祈りを。