節分

二十四節気では「大寒」の頃──、
雪に覆われた大地から、蕗の薹が顔を出し始めます。

大寒とは、一年のうち最も寒さが極まる頃のこと。
この時季に汲んだ水は質がよく傷みにくいとされることから、
酒や味噌などの寒仕込みが行われます。

二月三日は、節分の日。
古来より季節の変わり目には邪気が生じると考えられ、
豆撒きや供物をして邪気を祓い、
無病息災を祈る風習があります。

節分とは、季節を分けるという意味で、
元々は立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを指します。
旧暦においては春が一年の始まりであり、
立春の前日は大晦日と同様の大切な節目とされたことから、
特に春の節分が重んじられるようになりました。

節分の慣わしといえば豆撒き。
宮中で大晦日に行われていた「追儺(ついな)」という、
厄祓いの儀式が起源とされています。
当時は穀霊が宿るとされる稲、麦、粟、稗、豆の五穀を撒いて、
その霊力で邪気を祓い清めたそうです。
「まめ」は“魔を滅する”に音が通じるとともに、
身体が健康で丈夫という意味もあることから、
やがて豆撒きが節分行事として広く親しまれるようになりました。
節分に用いる豆は「福豆」と呼ばれる縁起物で、
豆撒きの直前まで枡に入れて神棚に供えておきます。

また、節分には柊(ひいらぎ)の枝に焼いた鰯の頭を刺して、
家の戸口に飾るという風習も。
これは「柊鰯」や「焼嗅(やいかがし)」と呼ばれ、
柊のとげと鰯の強い臭いで鬼を追い払う意味合いがあります。

邪気を祓い、福を呼び込む節分の慣わし。
立春からの新しい一年を健やかに過ごせますよう。