花まつり

二十四節気では「清明」の頃──、
天地が春のやわらかな光に満ちていきます。

清明とは、清々しく明るく美しいことを意味する「清浄明潔」の略。
草木は芽吹き、鳥はさえずり、万物が清らかに生き生きと輝く時季です。

四月八日は、お釈迦様の誕生を祝う「花まつり」。
灌仏会(かんぶつえ)や仏生会(ぶっしょうえ)とも呼ばれ、
花々で飾った花御堂(はなみどう)を造り、
そのなかに祀った誕生仏に甘茶を注いで祝う慣わしがあります。

甘茶とは、アマチャヅルの葉を煎じたもので、
砂糖が普及する以前は甘味料として重宝されていました。
誕生仏に甘茶を注ぐ慣わしは、釈迦の誕生時に九匹の龍が天上から
甘露の雨を降らせて祝したという故事に由来しています。
甘茶を飲めば苦悩が消えて長生きできる、
甘茶で墨をすり書をしたためると字が上達するなどとも言われています。

花まつりの歴史は古く、その原型は奈良時代に仏教行事として、
インドから中国を経由して伝わったとされています。
一方それ以前に日本の集落では、田植えを始めるこの時季、
山から田の神を迎え入れるために
ウツギやシャクナゲなど、神の依り代となる花々を山で摘み、
竹竿に結んで庭先に立てる風習がありました。
伝統的な農耕儀礼と仏教行事が結びつき、
現在の花まつりが生まれたと考えられています。

花を献じ豊作の願いを込める、花まつり──。
古来の人びとの祈りが息づく慣わしです。