端午

二十四節気では「立夏」の頃──、
若葉の緑が眩しく、薫る風に夏の気配が漂い始めます。

立夏とは、四季の始まりとなる“四立(しりゅう)”のひとつ。
この日から八月初頭に訪れる「立秋」までが、
暦の上での夏となります。

五月五日は、端午の節句。
五月人形を飾り、柏餅や粽(ちまき)を食して、
男の子の健やかな成長を祈ります。

端午とは、「月の端(はじめ)の午の日」という意味。
「午(ご)」が「五」の音に通じることから、
五月五日を指すようになったと言われています。

古くはこの日に、宮中行事として生薬となる鹿の若角や、
菖蒲や蓬などの薬草を摘む「薬猟(くすりがり)」が行われていました。
五月は気温が上昇し、疫病が発生しやすくなることから、
邪気を祓う節目の日とされたそうです。
沈香や丁子を包んだ香袋に採ってきた菖蒲や蓬を結びつけ、
五色の糸を長く垂らして「薬玉(くすだま)」と呼ばれる飾りをつくりました。
この飾りは「長命縷(ちょうめいる)」とも言われ、
九月九日の重陽の節句まで家の柱に掛けておくことで、
厄除けや長寿を祈願する意味合いがあったそうです。
菖蒲は、葉の形が剣を想起させることや、
武を尊ぶという意味の「尚武」や「勝負」に通じることから、
やがて端午の節句は男の子の勝運や成長を願う行事となり、
庶民の間でも祝われるようになっていきました。

端午の節句の行事食として知られる柏餅と粽。
柏の葉は、新芽が出るまで古い葉が落ちないことから、
柏葉を用いた柏餅は、子孫繁栄の縁起物として食されるようになりました。
また、粽は中国の故事に由来するもので邪気を祓うとされ、
主に関西では無病息災を祈って食す風習があります。

地域によりさまざまに受け継がれてきた端午の節句。
日本人の心や暮らしに深く根付いた大切な伝統行事です。