上巳の節句

二十四節気では「雨水」の頃──、
草木が芽吹き、春の兆しが感じられるようになります。

雨水とは、降り続いた雪が雨へと変わり、
積もった雪や氷も解けて水となる時季のこと。
乾いた大地が潤い田畑が目覚めるため、
農耕の準備をする目安とされてきました。

春の雨は、芽吹きを促す恵みの雨。
雪を解かす「雪消しの雨」、草木を潤し育てる「慈雨」など
自然の変化を細やかに感じ取ってきた日本人ならではの
美しい呼び名が伝わっています。

3月3日は、上巳(じょうし)の節句。
桃の花が咲く時季と重なることから“桃の節句”とも呼ばれ、
女の子の健やかな成長と幸せを願う行事として
親しまれてきました。

古くは紙製の小さな人形(ひとがた)を川に流して
穢れを祓う慣わしでしたが、室町時代には現在のような
雛人形を飾る様式となりました。

白酒や菱餅を供えるのもこの頃から続く伝統的な風習です。
菱餅の赤白緑の3色は、厄除けと長寿をもたらす桃の花、
清らかさの象徴である残雪、
健やかな成長を願う若草を表しています。

白く清らかな雪が積もる大地に若草が萌え、
桃の花が咲き始める──、そんな春の情景のなかに
子どもの成長と健康への願いが込められています。