節分

二十四節気では「大寒」の頃──、
雪に覆われた大地から、蕗の薹が顔を出し始めます。

大寒とは、一年のうち最も寒さが極まる頃のこと。
寒気やこの時季に汲む「寒の水」を利用して、
酒や味噌などの寒仕込みが行われます。

二月三日は、節分。
「鬼は外、福は内」と唱えながら豆を撒いて邪気を祓い、
新たな年によい気が巡るように祈りを込めます。

節分とは、“季節を分ける”という意味で、
本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日を指すもの。
なかでも旧暦では春が一年の始まりとされたことから、
春の節分が重んじられるようになりました。

節分の慣わしと言えば豆撒き。
季節の変わり目に生じるとされる邪気(鬼)を祓うため、
平安時代に行われた「追儺(ついな)」と呼ばれる宮中行事に由来します。
鬼とは「隠(おぬ)」や「陰(おん)」の音が転じたもので、
“姿が見えないもの”や“この世ならざるもの”という意味。
古の人びとは、災害や疫病、飢饉など、
人の想像を超える災厄を鬼の仕業と信じたそうです。
豆は“魔滅”に通じることから、節分の夜に豆を投げて邪気を祓い、
一年の無病息災を祈るようになりました。
また、かつて節分は大晦日にあたる一年の節目とされたことから、
囲炉裏の灰の上に十二か月になぞらえて十二粒の豆を並べ、
その焦げ具合で各月の天候を占ったのだとか。

節分には、鰯の頭を焼いて柊(ひいらぎ)の枝に刺し、
家の戸口に飾る「柊鰯」の風習もあります。
鰯を焼いた強い匂いと、柊の葉の棘で鬼を追い払う意味合いがあり、
地域によっては「焼嗅がし(やいかがし)」とも呼ばれています。

邪気を祓って心身を清め、健康を祈る節分の慣わし。
立春からの新たな年に大きな福を呼び込めますよう。