節分

二十四節気では「大寒」の頃──、
雪の下から蕗の薹が顔を出し始めます。

大寒とは、一年のうち最も寒さが極まる頃のこと。
大寒に汲んだ水は質がよく傷みにくいとされ、
酒や味噌などの寒仕込みが行われるのもこの時季です。

今年の節分は、二月二日。
「鬼は外、福は内」と唱えながら豆を撒いて邪気を祓い、
新たな年によい気が巡るように祈りを込めます。

本来節分とは、季節の節目となる
立春、立夏、立秋、立冬の前日を指します。
旧暦では、立春を一年の始まりとしたことから、
立春前日の節分は、大晦日にあたる重要な日とされていました。

節分の慣わしは、かつて宮中行事として行われていた
厄祓いの儀式「追儺(ついな)」が起源とされています。
追儺は、大晦日の夜に弓を射り、鬼を追い払う儀式で、
これに節分の行事であった「豆打ち」が結びつき、
豆撒きをして一年の無病息災を願う慣わしが定着しました。

豆撒きに使うのは、霊力が宿るとされ神事にも用いられる大豆。
豆は“魔滅”を意味し、
豆を煎ることで“魔の目を射る”に通じることから、
煎り豆が使われるように。
この豆は「福豆」とも呼ばれ、節分の朝、枡に入れて、
豆撒きの直前まで神棚に供える風習があります。

また、柊(ひいらぎ)の枝に焼いた鰯の頭を刺して家の戸口に飾り、
その強い香気と柊のとげで鬼を除ける「柊鰯」など、
節分に行われる厄除けの風習は、
地域によってさまざまに受け継がれています。
心身を清めて多くの福を呼び込み、
立春からの新しい年を気持ちよく迎えられますよう。