亥の子

二十四節気では「霜降」の頃──、
野山では、楓や蔦が鮮やかに色づき始めます。

霜降とは、露が凍って初霜が降りる頃のこと。
秋が深まるにつれ、朝晩の冷え込みが厳しくなっていきます。

亥の月(旧暦十月)の亥の日に行われる収穫祭「亥の子」。
亥の子餅を食して、子孫繁栄や無病息災を祈る伝統行事です。

亥の子の歴史は古く、亥の月 亥の日 亥の刻(午後十時頃)に
穀物を入れた餅を食すと病にかからないという、
古代中国に伝わる俗信が起源とされています。
日本では宮中行事として取り入れられ、
その後古くから農村部で行われていた刈上祭と結びつき、
広く民間でも親しまれる行事となりました。

亥の子に欠かせない「亥の子餅」は、
その年収穫された新米に、穀物の粉を混ぜ合わせて餅をつくり、
猪の子である“うり坊”の姿に見立てた菓子。
多産の猪にあやかり、子孫繁栄の願いが込められます。
亥の子の当日には、子どもたちが「亥の子唄」を歌いながら家々を巡り、
荒縄で縛った丸石や、藁を束ねた藁鉄砲で地面を打ち、
亥の子餅や菓子をもらう風習があります。
これは邪気を祓い、土地の神様に活力を与えて豊作を祈る、
一種のまじないのようなもので、西日本を中心に親しまれています。

また、亥は陰陽五行説における「水」にあたり、火難を逃れるとされることから、
茶の湯では、縁起を担いでこの日に「炉開き」が行われます。
亥の子餅は、その茶席菓子としても用いられる、
素朴ながらも滋養に富んだ縁起のよい菓子です。