嘉祥

二十四節気では「芒種」の頃──、
ひと雨ごとに紫陽花は鮮やかさを増し、梅の実が黄色く熟し始めます。

芒種とは、芒(のぎ)をもつ麦や稲などの種を蒔く時季のこと。
田植えとも重なるため、農家は繁忙期を迎えます。

六月十六日は、「嘉祥(かじょう)」の日。
この日に菓子や餅を神前に供えて食すことで、
厄を祓い招福を祈る慣わしがあります。

平安時代中期、国内に疫病が蔓延したことから、
仁明天皇は元号を“めでたいしるし”という意味の「嘉祥」に改めました。
また、その年の六月十六日に、十六種の菓子や餅を神前に供えて
健康を祈願する「嘉祥の儀」を執り行ったことが、
嘉祥の始まりとされています。

江戸時代には、五節句と並ぶ重要な年中行事となり、
この日に将軍が家臣を集めて盛大に菓子を振る舞う
「嘉祥頂戴(かじょうちょうだい)」と称する儀式が行われました。
江戸城の大広間には、青杉の葉を敷いた片木盆(へぎぼん)がずらりと並び、
饅頭、羊羹、うづら餅、きんとん、白団子など
約二万個もの菓子が盛られたそうです。

やがて、庶民の間にも、銭十六文で十六個の菓子を買って食す
「嘉祥喰(かじょうぐい)」と呼ばれる風習が定着しました。
旧暦六月は暑さの盛りでもあるため、
普段はなかなか口にできなかった甘いもので精をつけ、
暑気払いをする意味合いもあったのかもしれません。

今では「和菓子の日」として定められている、嘉祥の日。
十六の「十」を「一」と捉えて、
一と六を足した七種の菓子を供えることもあるそうです。
古より受け継がれてきた日本の豊かな文化に触れ、
四季を映した菓子を愉しむ、嘉祥の祝いを。